仙台光原社のこと

想い

なにげなく過ごしている暮らしのなかで
目にふれるもの、手にするもの、身につけるもの。
そこに、伝統の手わざでつくられた美しいものがあると
ほっと気分がやすらぎ
丁寧に生きていきたくなります。

仙台光原社に並んでいるのは
北海道から沖縄まで日本全国、
そして韓国、中国、インド、南米など海外で、
丁寧につくられた美しいもの。

それらは、仙台光原社が愛おしく思うものばかり。
一見すれば同じようでも
一つずつ風合いが異なります。

どうぞ一つひとつ触れてみてください。
その中に、自分の感覚にぴたりと重なるものがきっとあることでしょう。

感覚に合うものと出会い
一緒に暮らすことで
自分だけのものに育てていく喜び。

あるものは、つやが増し
あるものは、色あいが深まり
あるものは、色あいがやわらいでいく
その楽しさを感じていただければ
どれほど、うれしいことか。

どうぞ、愛おしいものを日々の暮らしに。

定番

焼きもの/陶器、磁器
うるし/うつわ、スプーン、箸など
家具/松本民芸家具、矢澤金太郎のテーブルや椅子など
木のもの/樺細工、ざる、かご、曲げわっぱなど
布のもの/染めもの、織りもの、ホームスパン、服飾など
革のもの/印伝など
真鍮のもの/スプーン、フォーク、アクセサリー
鉄のもの/南部鉄瓶、燭台など
吹きガラス/倉敷ガラスなど
和紙のもの/因州和紙、八尾和紙、斐伊川和紙など
郷土玩具/全国のかわいらしく愛敬のある土人形、張子など

あゆみ

昭和43年(1968)、岩手県盛岡市にある「光原社」の仙台店として開店。
開店に先駆け、新築だった建物を、盛岡の本店を手がけた棟梁が改装し、
光原社らしいたたずまいを生みだしました。
初代及川四郎から、孫、曾孫へと受け継いでいますが、
四郎が唱えた「理想をもって良きものを集める」という言葉を心にとめ、
良いものを届けるよう努めています。

つくり

 


新緑、深緑、紅葉と、季節の彩りで迎えます


看板と鉄行燈は、芹沢C介デザイン


内装は、「芹沢C介の懐刀」といわれたアートディレクター秋山正さん


仙台光原社の開店記念マッチラベルも芹沢デザイン

より大きな地図で 仙台光原社 を表示

仙台駅より歩いて約20分。
タクシーでお越しの際には運転手さんに 「ホテルベルエア仙台さん」もしくは 「五橋(いつつばし)通りと国分町通りの角」とお伝えください。

車でお越しの際には、店の並びに契約駐車場がございますので、 おっしゃっていただければご案内いたします。

光原社のご案内

せんだーど店
仙台市青葉区一番町三丁目2-17藤崎大町館(リビング館)2階
tel/fax 022-225-4015
光原社本店
岩手県盛岡市材木町2-18
tel 019-622-2894 / fax 019-622-2892
» ウェブサイト(http://morioka-kogensya.sakura.ne.jp/)
北の光原社
岩手県盛岡市内丸17 北ホテル1階

ページトップへ