2013年 仙台光原社の企画展

2月3日(日)〜14日(木) 郷土玩具 雛の会
3月19日(火)〜25日(月) 伊藤玲 菊地博子 菊地流架 木と金の三人展
4月19日(金)〜25日(木) 村松学 吹きガラス展 同時開催 篭の会
5月24日(金)〜27日(月) 五十嵐元次 白いうつわ
7月12日(金)〜15日(月) 小谷真三 倉敷ガラス展
9月20日(金)〜26日(木) Tomoの服展
11月22日(金)〜28日(木) 「うつわと銅版画」 舟木邦治・村上千彩二人展

「うつわと銅版画」 舟木邦治・村上千彩二人展
2013年11月22日(金)〜28日(木)

◆ 舟木邦治
 布志名焼(松江)舩木研児先生に師事。
 山口市阿東に窯を築き独立、現在に至る。


◆ 村上千彩
 銅版画工房に2年間通った後独学で学ぶ。
 イラストレーター、銅版画家として京都で活動。

舟木窯を訪ねるといつもその心地よさに長居をしてしまいます。
ある時、そんな工房に入ったとき、ちょっと眼を引く絵がありました。
村上さんの銅版画でした。
うつわともなじんで、やはり一緒に心地のよい空間をつくっていました。
今回の会はいつもの光原社とはちょっと違う、でもなにか心温まる、そんな会になると思います。

» このページのトップへ

Tomoの服展
2013年9月20日(金)〜26日(木)

タイ東北部の厳しい自然の村で、糸を染め時間をかけて機を織る。
そんな風土の中で作り上げた特別な布から、自然の恵みいっぱいの服が出来上がります。

素材、染め、織り、デザイン、縫製、1つ1つの工程を、
仕事人の手から手へ丁寧に仕立てられた服は、大量生産にはない魅力があります。
自然素材のぬくもりと共に、丁寧に裁ち縫われた『Tomoの服』のここちよさ、
どうぞお手に取ってその魅力に触れてみて下さい。

» このページのトップへ

小谷真三 倉敷ガラス展
2013年7月12日(金)〜15日(月)

使った人の心を離さない、小谷さんのガラス。
今年はどんな作品と出会えるか、楽しみです。

» このページのトップへ

五十嵐元次 白いうつわ
2013年5月24日(金)〜27日(月)

五十嵐元次 作陶展 簡素でてらいが無く、安らぎを感じさせてくれる五十嵐さんの器。どなたの暮らしにも寄り添ってくれます。

» このページのトップへ

村松学 吹きガラス展
2013年4月19日(金)〜25日(木)
同時開催 篭の会

村松学 吹きガラス展 舩木倭帆氏に師事されていた村松さん。
師匠から受け継ぐ多彩な技とこころ。

「普段着のガラス」日ごろの暮らしの中で用いたいガラスがいっぱいです。

村松学 吹きガラス展













篭の会









» このページのトップへ

伊藤玲 菊地博子 菊地流架 木と金の三人展
2013年3月19日(火)〜25日(月)

伊藤玲 菊地博子 菊池流架 木と金の三人展 昨年に引き続き伊藤玲さんの拭きうるしのさじ、菊地流架さんの真ちゅうのカトラリーに、菊地博子さんのアクセサリーを加えた三人展です。

素朴で楽しい玲さんの木のおさじ。
遊び心の漂う流架さんの真ちゅうの品々。
博子さんの愛らしいアクセサリー。

それぞれに楽しんで頂けると思います。

» このページのトップへ

郷土玩具 雛の会
2013年2月3日(日)〜14日(木)

郷土玩具 雛の会 めんこいもの、おかしなもの、素朴なもの。
全国からお雛さまをはじめ郷土玩具が集まりました。

岩手の六原張子、山形の相良人形、福島の三春張子、
千葉の芝原人形、富山の土人形、岡山の吉備津人形、
島根の長浜人形、長崎の古賀人形、沖縄の琉球張子などとともに、ひと足早い春をお楽しみください。

郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会 郷土玩具 雛の会

これまでの企画展

ページトップへ